消費者金融ではATMが利用可能!その種類とは?

消費者金融ではATMが利用可能!その種類とは?

使えるATMの種類

インターネットの利用が消費者金融審査業者でも普及してきて、今では自宅で借り入れや返済手続きができるようになっています。でも実際の現金を引き出すうえで欠かせないのがATMです。消費者金融業者ではいろいろなタイプのATMを利用しています。まず無人契約機に併設されているような業者の「専用ATM(自社ATM)」です。営業時間は業者によって様々でアコムのように24時間営業しているところもありますが、深夜はやっていない業者もあります。別のATMは「提携ATM」と呼ばれるタイプのものです。業者のステッカーが貼ってある提携先金融機関(都市銀行や地方銀行)やコンビニなどで利用が可能で、コンビニによく行く人がついでに利用したり、取引銀行に行く時に消費者金融業者の借入れや返済ができるので便利です。専用ATMを使うとどうしても目立ったり入りにくかったりすることがありますが、コンビニなどで使えるのであれば気軽に取引できます。

ATMでは手数料がかかる?

ATMで取引をすると手数料がかかる場合があります。例えばアコムでは専用ATMを使えば利用料はかかりませんが、提携ATMの場合は利用金額に応じた手数料がかかってきます(1万円以下は108円、それを超える場合は216円)。別の大手であるプロミスはどうでしょうか?こちらも自社ATMの利用手数料は0円です。提携先になるとアコムと同様、借入れも返済も利用金額によって料金の差があります(1万円以下は108円、それを超える場合は216円)。ただし三井住友銀行のATMであれば手数料がかかりません。またコンビニであればローソン、ミニストップ、ファミリーマートにある「ロッピー」などのメディア端末を使えば返済は無料で出来ます(借入れは無理)。このように業者によって手数料の取り方に差がありますので、各業者のサービスを確認してから申し込みましょう。